living&dining set 詳細TOP

プロが教える!リビングダイニングルームをスッキリ広々させるコツ!

家の中心、リビングダイニングルーム(以下 LDルーム)。

家族が多くの時間を一緒に過ごす理想のLDルームを目指しながらも、気づけば家具や物があふれて窮屈で落ち着きのない空間になってしまっていませんか?

限られたスペースのLDルームをスッキリ快適にするにはどうしたらよいのでしょう?

ファニチャードームおすすめのリビングダイニングセット
おすすめのリビングダイニングセット特集をみる>>

ダイニングには食卓セット、リビングにはソファの固定観念を一度捨ててみる!

冒頭で挙げたような現代のLDルーム事情を背景に最近はダイニングテーブルとソファが一体となったリビングダイニング兼用セット(以下 LD兼用セット)に注目が集まっています。

リビングダイニング兼用セット

食事もでき、ソファとしてくつろぐこともできるLD兼用セットを使えばダイニングとリビングスペースが一つの空間でおさまります。

空いたスペースを広々と子供の遊び場に使ったり、パソコンなどの書斎スペースとして、ヨガやストレッチなどのエクササイズスペースとしてなど自由に使うことができます。

リビングダイニング兼用セット

またLDルームが10畳以下の場合、ソファを置くことは出来ないと諦めてしまっていませんか?

LD兼用セットなら限られたスペースでもソファのある生活が実現出来ます。

LD兼用セットは普通の食卓セットに比べて低めに設計されています。低めの家具を設置することで圧迫感が減り、部屋が広々見えるという効果もあります。

プロが教えます!
あなたに合った
リビングダイニング兼用セットの選び方

では実際に商品を選ぶ時にはどんなことに気をつけたらよいでしょうか?

商品購入の際に注意すべきポイントをプロが解説します!

 

ポイント1.  
食事をする時の座り心地、
くつろぐ時の座り心地

LD兼用ソファでは食事のしやすさを考えて座面は「固め」座面の奥行きは「浅め」に作られています。

しかしあまりにダイニング寄りになってしまうとくつろぎ感が減少してしまい、ソファでゆったりしたいという願望が叶いません。

ソファ感を重視した座り心地、よりダイニング機能重視の座り心地、商品の特性と自分たちの希望を見極めることが重要です。

リビングダイニング兼用セット

 

ポイント2. 
ソファの張地は
ファブリックか合皮レザーか

ソファの張地を合皮レザーにするかファブリックにするかで印象が随分変わってきます。

合皮レザーではよりダイニングの雰囲気が増し、ファブリックにすると温かみのあるリビングのリラックス感が増します。

ただファブリックにすると食事で生地が汚れるのでは?が当然気になるところですよね。

取り外してドライクリーニングが出来るカバーリングタイプかどうかは要チェックです。

livingdining05

またダイニングとリビングで兼用するので使用頻度が普通のソファより高くなり、当然生地の痛みも早く起きます

生地の買い替えができるものを選んでおけば将来生地が傷んだ際には生地だけを変えることで対応できますよ。

 

ポイント3.
将来の家具の配置換えに
対応できるか?

カウチタイプソファのコーナーの位置が固定になっていると将来家具の配置を変える必要が出た際に家具の向きが変えられず困ることがあります。

コーナー部分が切り離せるものや、背もたれ部分が取り外しできるものを選ぶと便利です。

リビングダイニング兼用セット

 

ポイント4.
テーブルの高さを調節できるか?

食事の際はテーブルには高さが必要ですが、ソファでくつろぐ際はテーブルは低い方が便利です。

テーブルの高さを簡単に調節できる昇降式タイプを選ぶとどちらにも対応できます。

リビングダイニング兼用セット

 

 

最近では部屋に十分な広さがあってもあえてLD兼用セットを選ばれる方もいらっしゃいます。

ソファスタイルなのでテーブルにつく人数に融通が利いて便利、食後もソファに腰掛けて家族で一緒に過ごす時間が長くとれる、など様々なメリットがあるようです。

LD兼用セット、一度検討してみてはいかがでしょうか?

※ご来店の際はお住まいの図面や写真などお持ち頂くと販売スタッフがより明確なアドバイスをお伝えできますよ。

 

ファニチャードームおすすめのリビングダイニングセット
おすすめのリビングダイニングセット特集をみる>>