brand.001

リーン・ロゼ 【世界的ブランド家具のご紹介】

 

リーン・ロゼの歴史

A FAMILY SAGA
SPANNING
A CENTURY
AND A HALF
1860-2010
それは一世紀半にわたる家族の物語

1860-1950
Artisans in wood
~木の職人たち~

インターナショナル・ラグジュアリー・マーケットにおいて、伝統的なビジネス手法を持つリーン・ロゼの歴史は、フランスの伝統文化である職人技がツールです。その系譜の最初に立つのは、現役員のピエール・ロゼとミッシェル・ロゼの大祖父にあたるアントニー・ロゼです。ビュジェの雄大なブナの森に見せられ、1860年モンダニュー郡に定住し、木材加工するための小さな工場をブリバス川沿いに作り、彼と彼の息子エミリオはそこで、傘とステッキの製造を始めました。その後、椅子の脚を製造できるように事業の転換を計ったとき、その先の運命の行く手が見えたのです。

1930年までにロゼ社は、木工の椅子、ラタンの椅子、リプロダクトの椅子も製造をはじめ、最初の皮革張りの椅子を製造したのが1936年です。

 

リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史

 

1950-1970
Contract furniture
~業務用家具の道へ~

アントニーの孫のジャン・ロゼ(1920年-1999年)は、戦後復興の中、50人のスタッフを抱えるまでになり、事業を転換し、コントラクト家具議場にも参入していきました。この時期は競争入札の黄金期であり、ロゼ家は、企業、学校、大学、病院、老人ホームなど向けにモダンなスカンジナビアデザインの家具製造を始めました。

この時期すでに、デザイナーとコラボレーションしてベッド、椅子、テーブルなどをデザインしており、コントラクト・ビジネス市場は1960年まで成長し続けました。1956年には法人会社にはり、ロゼ事業はその年以降コンテンポラリー デザインの政界へ本格的に参入しました。

 

リーン・ロゼの歴史

 

Businesses &
administrations
~企業経営について~

 

企業の成長を加速させるのに重要な事は、生産性を上げるだけでなく、設備・技術に投資し、最新の製造環境にする必要性を常に認識しています。

 

リーン・ロゼの歴史
リーン・ロゼの歴史

 

1970-1990
Design &
innovation

~デザインと革新~

ジャン・ロゼとともに、彼の息子のピエール・ロゼ兄弟は、1960年代から1970年代において創作が劇的な発展を遂げる中で、国内市場にその活動の軸を置くことで、持続性のあるビジネスに発展させることに成功しました。ある日、リヨン国立美術学校を卒業したばかりの若きインテリアデザイナー ミッシェル・デュカロワのデザインに心を奪われた彼らは、すぐにデュカロワと仕事を始めました。彼は1973年、現在も世界中で人気を博しているソファ「TOGO」を発表しました。「TOGO」は発売以来累計で120万脚販売され、今日も大きな成功を収めているリーン・ロゼブランドの代表的な作品です。そして1973年は、ロゼ社にとってリーン・ロゼブランド誕生の重要な年でもありました。彼らは第一に、デザインへの投資という見解があったので、事業を成功へと軌道に乗せることができたのです。

今も世界中の若手インテリアデザイナーが国際的に有名なインテリアデザイナーまで約100名のデザイナーたちとコラボレーションし続けるリーン・ロゼ、その始まりは、ブランドネットワークによって、リーン・ロゼを真のブランドにするという大きな志からでした。1973年に1号店としてパリに初のオンリー ショップをオープンさせた当時の家具市場では、リーン・ロゼは革新的でした。そして更なる発展の源は、海外進出への決断であり、先駆者としての予感でした。1967年にドイツで初めて商品が発表され、現在では国際市場はロゼグループの活動の70%を占め、リーン・ロゼショップは正解中の大都市に234ショップも展開しました。

 

リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史

 

1990-2010
An international
way of living

~住まい方はより国際的に~

誕生から150年の時を経て、リーン・ロゼブランドは、世界中のコンテンポラリーデザインの才能あふれるデザイナーたちに支えられ、エレガントなライフスタイルのシンボルとなりました。フランスのコンテンポラリー家具の最初の「エディター(編集者)であり、ファブリカント(製造者)であり、ディストリビューター(販売者)である」ロゼ社は、ソファ、収納、アクセサリー、ライティング、ラグ、ファブリック...トータルなコレクションをもとにライフスタイルを提案しています。

そこには、今では20世紀の伝説のデザインとなった「TOGO」などのいくつかの商品が含まれ、またそれぞれの商品は、心を引きつけると同時に感性をも魅了させるアイデアがデザイナーによって表現されています。リーン・ロゼにとって創造性はひとつの哲学であり、ひとつのポリシーであり、知的好奇心は企業文化なのです。またミッシェル・ロゼは技術革新と文化は互換し、共存できるものであり「リーン・ロゼのソファや家具は、単に木製やフォーム製の商品以上の価値がある」と考えています。そしてその考えをコンテンポラリーデザインのスター達「ブルレック兄弟(FACETTソファ)をはじめとして、最後の作品(ANNEAU肘掛け椅子)の製造とCM141デスク、TVチェアの再製造、「PUMPKIN」ソファの製造のためにこのフランスの会社を選択したピエール・ポランがエリーゼ宮殿のショージ・ポンピドゥ-大統領のためにデザインした作品で、2008年にリーン・ロゼ社から初めて発表し、発売しました。

 

リーン・ロゼの歴史
リーン・ロゼの歴史

 

Is it mere chance
~それは単なる偶然でしょうか~

メゾン・エ・オブジェ・フェアのリクエストによりフィリップ・スタルクが選んだ「10人の才能あるデザイナー」のうち4人[フィリップ・ニグロ、マリー=アーロラ・スティカー・メトラル、サム:バロン、ジャン=フランソワ・ディンジアン&エロワ・シャファイ]がリーン・ロゼとコラボレーションしています。それは単に偶然のことでしょうか?偉大なデザイン賞受賞の常連となっているリーン・ロゼは、ドイツの最高のデザイン賞である「レッド・ドット賞」を何回も受賞いています。政界で唯一、このような成果を遂げることができるブランドであることは、偶然の事なのでしょうか?そこでは2005年の「FACETT」(ロナン&エルワン・ブルレック)、2007年の「MOEL」(インガ・センぺ)、2009年の「CONFLUENCES」(フィリップ・ニグロ)などが受賞しています。中でも、フィリップ・ニグロの「CONFLUENCES」はドイツの4つのデザイン賞、フランス、イタリア、アメリカでそれぞれ栄誉あるデザイン賞を受賞しており、アメリカの賞は、権威あるシカゴのアテナイオン建築、デザイン博物館のグッド・デザイン賞です。同様に、英国の国際トレンド雑誌である、ウォールペーパーでは、2005年にブルレック兄弟の「FACETT」がデザイン賞を受賞し、2009年にはピエール・シャルピンの「STUMP」テーブルが同賞を受賞いたしました。

 

リーン・ロゼの家具事業では、世界的に有名なホテル・レストラン・豪華客船や博物館などで数多くの製品を採用していただきました。

 

リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史
     
リーン・ロゼの歴史 v リーン・ロゼの歴史
     
リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史
     
リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史 リーン・ロゼの歴史

 

Designer

ミッシェル・デュカロワ

リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー

 

 

ロナン&エルワン・ブルレック

リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー
 
リーン・ロゼ デザイナー