study_desk_2018_kv

ファニチャードームが「天然杢使用」「リビングでも使える」学習デスクにこだわる理由


2019学習デスク ナチュラルスタイル

2019学習デスク リビングスタイル
ナチュラルデスク(天然杢)
商品はこちら>>
リビングデスク
商品はこちら>>

 

 

ファニチャードームが考える理想の学習デスク。

それは

1.「天然杢使用(素材の質感を楽しめる)」であること。

2.「リビングでも使える(成長に合わせて変化させられる)」こと。

なぜなら、そんな学習デスクはお子様が成長するまで長くご利用いただけるから。

 

 

「学習デスクは途中で買い替えるものではないので、吟味して長く使えるものを選びたい」

とおっしゃる五十嵐さんご家族にファニチャードームの学習デスクを体感して頂いた様子をお伝えいたします。

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方 

五十嵐典子(いがらしのりこ)さんと果穂ちゃん(6歳)、優亜ちゃん(3歳)、理紗ちゃん(1歳)にご協力頂きました。 

mokuji
 
mokuji01_02
 
mokuji02_02
 
mokuji03_02
 
mokuji04_02

mokuji01

ファニチャードームの学習デスク売り場に足を踏み入れると、ひときわ目立つのはシンプルな無垢材の学習デスクです。

無垢材にこだわる理由、それは木の持つあたたかな手触り使うほどに味わいが増していく素材感にあります。

五十嵐さん:

子どもには自然のものに触れて欲しいと思い、おもちゃも木製が多いんです。

木のデスクはやっぱり手触りがいいですね!

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

無垢材の学習デスクはリビングにも馴染みやすく、低学年の間のリビング学習にも最適です。

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

では無垢材デスクについて以下で詳しく解説します。

そもそも、無垢材って何?

無垢材とは芯まで本物の木でできている天然のままの木のことをいいます。

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

一方、突板(つきいた)と呼ばれるものは表面に薄い木板を接着剤で貼り付けて加工した木のことをいいます。

無垢材は突板と比べるとお値段は高くなりますが自然素材ならではの手触り、心地よさ、重厚感があります。

どんな素材が良いの?

学習デスクに使われる無垢材の主なものはこちら。

アルダー材:素材の持つ優しく柔らかな風合いが人気でここ最近の家具のトレンドになっている木材です。

オーク(ナラ)材:飽きのこない風合い、使い込むほどに落ち着いた色合いに変化していく硬めの木材です。

タモ材:木目がはっきりとしていて、強さとしなやかさを兼ね備えた木材です。

ナラ材

木それぞれの特徴を味わえるということが天然杢の家具を選ぶ醍醐味です。

オイル塗装仕上げって何?

オイル塗装仕上げとは木の表面に植物性のオイルを塗った仕上げの方法で自然塗装とも言われます。

木本来の木目の美しさやぬくもりを味わうことができ、また有害物質を含まないのでお子様にも安全です。

専用のオイルを使い自宅でのメンテナンスが必要ですが、一手間をかけることでどんどんと味わい深さが増していくという大きなメリットがあります。

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

例えば油性ペンでついてしまった汚れも紙ヤスリで削り、その上からオイルを塗ることでほとんど目立たなくなります。

オイル塗装仕上げ 学習デスク メンテナンス

五十嵐さん:

手をかけて物を育てていくことを小さな頃から教えていけば、物を大事にすることを覚えてくれそうですね

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

国内生産のものを選ぶ

長く使うことを考えると細部にまでこだわった丁寧な作りの製品であることが望まれます。

国内生産の商品にはやはりそうしたこだわりが詰まっていて安心してお使い頂けます。

もちろん外国産だからと言ってすぐに壊れてしまうようなデスクは最近では滅多にありません。

ただ長く使えてしまうからこそ、上質なデスクを選んでおくことが、後々お子様が成長されてからも気持ち良く使って頂けることにつながります。

お子様にとって宝物となるようなそんなデスクをぜひ選んであげてください。

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

mokuji02

長く使える学習デスクを考えた時にはシンプルで飽きのこないデザインであること、そしてお子様の成長や環境に合わせて使い方を変化させられるデスクであることが望ましいといえます。

サイズや可変性などに注目してみましょう。

リビングに学習デスクを置く場合

奥行きは60cm以下がオススメ

一般的な学習デスクは奥行きが70cm以上で設計されていますがリビングに置く場合はよりコンパクトな奥行き60cm以下のものがオススメです。

ずっと使える学習デスクの選び方

デスク幅はワゴンで伸長が◎

リビングに置く場合は横幅もコンパクトである方が見た目もスッキリします。

天板が小さくて勉強し辛いのでは?と思われる場合は昇降式のワゴンを使って天板が伸長できるものを選ぶと便利です。

愛着を持って「ずっと使える学習デスク」の選び方

「変わる」デスクを選ぶ

リビングルームで使用する小学校低学年時期、教科書や参考書が増えて収納がたくさん必要になる中学生・高校生時期、パソコンを使用する大学生時期などお子様の成長にともない学習デスクの使い方も変化していきます。

パーツを組み合わせることで収納に変化をつけられる可変性の高いデスクを選んでおくと便利です。

▼組み合わせを変えて何通りもの使い方ができる「Nスマート」シリーズなら大人になるまで使い続けられます。

  • 使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方
  • 使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方
  • 使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方
  • 小学生〜
  • 中学生〜
  • 高校生・大学生〜

親子で好みが異なった時はどうする?

学習デスクはお子様がはじめて自分の居場所をつくるためのものでもあります。

本人が気に入ることが大前提ですが、「長く使える物を」と思う親心はなかなか伝わらないもの。

そんな時はキャラクターのデスクマットやカーペットをお子さまに選んでもらってはいかがでしょう?

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

※税込30,000円以上の学習デスクをお買い上げ頂くと、デスクマット・デスクカーペットをサービスでプレゼントしております。(※オンラインストアでは対象外となります)

使えば使うほど愛着が増す「ずっと使える学習デスク」の選び方

五十嵐さん親子、アドバイスを参考に納得した学習デスク選びをなさってくださいね!

 

 

mokuji03

ファニチャードームには「無垢材使用」「オイル塗装」「国産」にこだわった学習デスクをはじめ約80台以上のデスクやランドセルが並んでいます。

中でも特にオススメしたい5シリーズをご紹介。  

学習デスク シルフィ    学習デスク シズク
詳しくはこちら   詳しくはこちら
     
学習デスク トックー   conch
詳しくはこちら   詳しくはこちら
     
ysd09    
詳しくはこちら    


 

mokuji04

 リビングでも使える学習デスクとしてオススメしたいのはこの3シリーズ!

学習デスク リデラ    学習デスク N SMART
詳しくはこちら   詳しくはこちら
     
学習デスク ビーノ    
詳しくはこちら    
     

 

 

gakusyudesk_ichiran