condehouse_big_bn

CONDE HOUSE カンディハウス【ブランド家具のご紹介】

北海道を拠点とする家具メーカー、
カンディハウス

世界中のデザイナーを起用した商品開発をおこない、
世界的メーカーへと飛躍した日本の家具ブランドです。

その特徴をご紹介いたします。

 

CONDE HOUSE
ブランドの特徴

北海道、旭川の工場で製造。

国内有数の木製家具産地で知られる北海道旭川にある工場で、できる限り北海道の木を使い、長く使えるよう丁寧につくられた家具です。

CONDE HOUSE

 

世界中のデザイナーを起用。

常に新たなデザインを求め、国内・海外の著名デザイナーを積極的に起用。洗練されたデザインと職人の緻密な手仕事の組み合わせが魅力です。

ブランド紹介 CONDE HOUSE

 

「和の美意識」

世界中のデザイナーを起用しながらも、和のイメージを大事にしたブランドコンセプトがミニマムモダンな特徴的なデザインを生み出しています。

 

ブランド紹介 CONDE HOUSE

 

ちなみに、CONDE HOUSEのCONDE(カンディ)に意味はなく、ブランド設立当初から世界展開をイメージし特定の言語で意味を持たないようにアメリカのコピーライターに考えてもらったのだそう。当初の予定通り、今や世界に通用する家具ブランドです。

ファニチャードームではCONDE HOUSEの代表作を中心に多数商品を取扱しております。

 

ファニチャードーム
取扱商品一例

 

HAKAMA
-ハカマ-

ドイツ人デザイナー、マリー・ホフマン・カーライスによってデザインされた「HAKAMA」

CONDE HOUSE HAKAMA

 

堂々と立つ武士の「袴」姿から発想した、凛とした力強いデザインが特長です。

CONDE HOUSE HAKAMA

 

脚部は、袴の折り目をイメージした美しい波模様。下へいくほど溝を太く彫り込んで末広がりの形状を自然に表現しています。

CONDE HOUSE HAKAMA

テーブルは長方形と円形の2種類。ベンチはテーブルと組み合わせるだけでなく単体で置いたり、ホールなどの大空間に並べると存在感を発揮します。

 

CONDE HOUSE HAKAMA

 

 

SESTINA LUX

日本人デザイナー川上元美によってデザインされた「SESTINA LUX」シリーズ。

細身の直材を生かし、構造体をそのまま意匠にするなど、“引き算”によってより豊かな表情を導き出しています。
CONDE HOUSE SOFA240


日本の伝統技術である木の文化の佇まいをイメージしたデザイン。

 

CONDE HOUSE SOFA240

 職人が見極めた個性的な木目、脚部フレームの色のコントラスト、薄い見た目ながら深い掛け心地の座などのこだわりが凝縮されたソファです。

 

 

 

CONDE HOUSE
ブランドの歴史

 

1968年 
株式会社インテリアセンター設立。

1982年 
ニューヨークのデザインチームの協力のもと、「CONDE HOUSE」ブランドを構築。

1983年 
東京都渋谷区代々木に(株)カンディハウスを設立。

1998年 
(株)カンディハウス札幌移転。

2004年
ドイツに現地法人設立

2007年 
アジア進出スタート

オーストラリア、香港、シンガポール、インド、タイなど世界各地で展開中